Unreal EngineとHTC Viveを使ったVRの制作会社      ワイドソフトデザインのバーチャルリアリティの世界へ!

アンリアルエンジン (Unreal Engine) とHTC Viveを使ったVRの制作

アンリアルエンジン(Unreal Engine)とHTC Viveを使ったVRの制作会社
ワイドソフトデザインのVR (ヴァーチャルリアリティ) 制作

 

株式会社ワイドソフトデザインは、アンリアルエンジン (Unreal Engine)とHTC Viveを使ったVRの製作会社です。

弊社のVR制作の一例をご紹介します。

 

VRの360度パノラマ画像

ワイドソフトデザインで制作したVRの一例です。

VRの360度パノラマ画像です。

マウスでドラッグして操作できます。

 

鉄筋VRのサンプル

 

 

マンションVRのサンプル

 

 

 

 

株式会社ワイドソフトデザインでは、VRコンテンツの作成支援を行っております。

 

VRコンテンツの制作・開発

弊社では、3Dソフトウェアの開発実績の知見を活かし、様々な環境、目的で活用するためのVRコンテンツを開発しております。

ご要望に応じ仕様を検討し、ご指定のデバイス・環境で動作するコンテンツを開発致します。

 

VRの製作の流れ、製作費用

VRの制作費用 (100万円~)

個別の費用は次の通りです。

 

(↓横スクロールします)

データ整備 シーン調整 パッケージング 出力
 ケース 元データ データ変換 データ調整 ライティング調整 マテリアル調整 UI設定 exe出力 パノラマ
ケース① FBX - ※データ次第

・リネーム 5万円
・ポリゴン 5万円/オブジェクト
・テクスチャ 5万円/オブジェクト
・1オブジェクト 5万円

デフォルト

個別設定
0~10万円/シーン

デフォルト

個別設定
0~10万円/シーン

デフォルト

・アニメーション
 5~20万円/セット

・物理シミュレーション
 5~10万円/セット

・個別メニュー
 5~50万円/セット

ベース料金
20~30万円
10万円/シーン   
ケース② 3DS FBX
0~10万円
ケース③ なし モデリング
1~3万円/オブジェクト

 

VRコンテンツの開発に使うツール

ハードウェア

HTC VIVE



価格:64,250円(+税)

HTC社により開発されたバーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイ (VR HMD)を使ってVRの世界を実現します。

パソコン

プロセッサ: Intel™ Core™ i5-4590、AMD FX™ 8350、または同等クラスのCPU以上

グラフィックス: NVIDIA GeForce™ GTX 1060、AMD Radeon™ RX 480、または同等クラスのGPU以上。追加のグラフィックス カードのオプションについては、一覧をご参照下さい。

メモリー: 4 GB RAM以上

ビデオ出力: 1x HDMI 1.4ポートまたはDisplayPort 1.2以上

USB: 1x USB 2.0ポート以上

オペレーティング システム: Windows™ 7 SP1、Windows™

 

ソフトウェア

Unreal Engine

 

フォトリアリスティックなレンダリングを可能とするアンリアルエンジン4を使っております。

 

ワイドソフトデザインのVR開発例

  • マンションVR
  • 橋梁

 

投稿日:10月 7, 2017 更新日:

Copyright© アンリアルエンジン (Unreal Engine) とHTC Viveを使ったVRの制作 , 2018 AllRights Reserved.